読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せな不健康生活を送りたい

不健康があるから、健康でいられる

初めての銀歯の話。

みなさんこんばんは。ケンコウです。

 

奥歯が銀歯になりました。

 

昨年、仕事に追われ多忙な毎日を送っているとき、突然「ガリっ!」っと口の中に違和感が。

 

吐き出してみると白くて固い何かが、それは明らかに歯。

 

しかし鏡を覗いても、どこが欠けてしまったのかわからず、「まぁいっかー」と無視していました。

 

そこから数か月たち、今年の頭。オムライスを食べているときその悲劇は起きました。

 

「歯が、痛い…」

 

ふわふわでとろとろなオムライスですよ、そこには優しくて幸せな空間があるのに、歯が痛い。尋常じゃなく痛い。目の前にはキラキラ、歯はズキズキ。心臓の鼓動に合わせて痛い。

 

口の奥を覗いてみると、奥歯の真ん中にそれはもう大きく深い穴が開いており、なんかもう見るだけで痛い。確かに奥歯穴あいたなーとか思ったけどめんどくさくて無視してた自分が憎い!こんなになってたなんて、見て見ないフリをしてたよ僕は!

 

これはやばいと思い、すぐに歯医者に駆け込む。予約無しでは基本受診できないところなのですが、あまりの疲弊っぷりにご厚意で診てくださいました。

 

歯を見た先生が一言、「あー、神経まで喰ってるね。神経削って銀歯だわ」と。

 

それからと言うものの、神経取るために歯をゴリゴリされて歯茎が死んだり、神経に直接麻酔打つ時の、あの細い針がグッと貫通して刺さる瞬間の激痛と感触とか、それはもう言い尽くせないほどの戦いがありました。

 

そんなこんなで昨日、長かった診療が終わり無事奥歯が銀歯になりました。

 

初銀歯だったので、「どうなるかなー」って心配だったのですが、いざなってみるとなんら変わりないですね。

 

それでも、今まで歯に何も異常がなかったものですから、メンテナンスを怠るとこうなってしまうのだなーと反省しました。

 

今身体が壊れたのもメンテナンス不足といえばそうなるんですけどね。けど当時、身体を休めたり、メンテナンスをする余裕があったと聞かれれば、そんなものありませんでした。今回の歯医者も、仕事の合間をぬって通うとなるととても時間がかかって、しんどかったと思います。

 

じゃあどうしたらいいのかというと、壊れる前に早めに気づくことが必要なわけで。それでも、自分のことで一生懸命な時に気が付くことは不可能だと思います。だからこそ、周りの人の支援が必要なわけで。会社の同僚でも先輩でも、友達でも家族でもいいんです。

 

でも結局は自分でなんとかしないといけないじゃないですか。周りがどうこう言ってもその人が行動を起こさないと何も変わらないんです。

 

それでも、周りの人は声をかけ続けることが必要だと僕は思います。その人が大切なら。とにかく話を聞いて、寄り添い続ける。その人が煙たがっても、気にかけ、離れないくらいの気持ちが必要だと思います。

 

高校の時に仲良くしていた友達がいて、大学の時あることをきっかけに離れてしまうことがありました。それでも、すっと想って、後輩から話聞いたりとかしていたら、去年久しぶりに再会することが出来ました。

 

そしたら何も変わらないですよね、その時の軋轢とかやり取りとか、全部もう無し!しかもあのとき声かけてくれたの、嬉しかったって言ってくれて。素直に嬉しかったです。

 

壊れてしまってから、改めて作り直すことは難しいけど、諦めてはいけないなーと、そう思った出来事でした。

 

今大変で、余裕がないときこそ、フッと周りを見て、自分の状況と周りの存在に目を向けることが出来たいいですね。

 

なんでこんなこと言うかって明日会社に行かないといけないんです。先生を偉い人と面談なんですよ。緊張で死にそう。やだ、行きたくない。気分が落ち込んでしんどいです

 

でも心配してくれる人のために、明日行きます。やだー行きたくないよー。

 

みなさんも明日の学校、会社、頑張ってくださいね。では。